マルティン・ニーメラーが共産主義者だった時

ナチスが共産主義者を攻撃した時、私は同志とともに銃を取って戦った。敵に先手を取られ、すでに指導的同志の多くが抹殺されるか捕らわれているかしている中で、我々は彼らに対し、真っ先にまたもっともよく敢闘したものと自負している。負け戦を戦ったことに悔いはない。悔やまれるのは、ヨーロッパの少数民族が、そして世界中の労働者と農民が、二度目の世界大戦という名の大虐殺の渦へと放り込まれるのを止められなかったことだけである。


次にナチスは社会民主主義者を攻撃した。我々はそれを収容所から見た。社会民主主義者の幹部には日和見主義者が多く、銃を要求する人々をたびたび拒絶することで、決定的な大衆的反撃の好機を失わせることになった。しかし彼らの中には、それなりのデモを組織するという形などで、ナチスに歯止めをかけようとした者もまた多かった。かつて彼らの行いの不徹底ぶりを大いに罵倒した我々は、その中にも感嘆に値するものがいることを初めて知った。


さらにナチスは自由民主主義者を攻撃した。我々はやはりそれを収容所から見た。彼らは我々の集団性を嫌い、個人主義を愛していたが、肝心な時にはそれを発揮できなかったようだ。しかし彼らの中には、ナチスの監視網にも沈黙せず、細々とだが合法的な反論を紡ごうとした者もいた。世界大戦後、彼らは再び我々と相いれなくなったが、彼らの中でもナチスと戦った人物に対して我々はそれなりの敬意を払ったつもりだ。


そしてナチスは教会を攻撃した。我々はこれもまた収容所から見た。端的に言って、彼らが一番ひどかった。彼らの神の国はもともと無神論者に開かれてはいなかった――それで我々はかまわなかった――が、そこはナチスが政権を掌握した後にはアーリア人種のドイツ国民のみを迎え入れる場所となった。牧師のほぼすべては共謀し、ペテロの持っていた門の鍵を盗み取りハインリヒ・ヒムラーにゆだねるとともに、我々が世界の全ての劣等人種を奴隷化するという栄光を神によって与えられたのだと説教し始めた。


それでも神の方は彼らを憐れんだのか、邪悪な魂に打ち勝つ勇気を一人の牧師に与えた。しかしその出現は、キリストの愛が人類には早すぎたのとは反対に遅すぎた。牧師は椅子から腰を浮かしかけたとたんナチスに襟首をつかまれ、何もなしえなかった。そのまま収容所に送られてきた彼の勇気は尊重しつつも、我々は、社会民主主義者は、自由民主主義者は、口々に言った。「遅すぎだ」。牧師は何も答えなかった。


ソヴィエトとアメリカの、そして無数の諸人民の力によってようやくナチスが滅ぼされると、この牧師は自国の再軍備に対する反対を唱えたのみならず、自身の経験から「遅すぎる」ことの危険を人々に説いた。彼の言葉は、世界大戦の与えた最大の戒律の一つとしてキリスト教世界の外にも知られるようになった。しかしながら一方で彼の言葉は、何が「遅すぎた」のかをまったく理解しない人々をもまた引きつけた。この連中は、確信と知性を持った共産主義者でも、社会民主主義者でも、自由民主主義者でも、キリスト者でもなく、さりとて迷える労働者や農民でもなかった。なにやら彼らは彼らで重要な問題を抱えており、いまそれを打開しなければ「遅すぎる」ことになると叫ぶのだが、それはファシストを阻止するには「遅すぎる」ということではないようだった。むしろこの連中は、ファシストの出版物を喜んで受け入れ、ファシストを自身の運動の隊列に招くことを「多様性があり面白い」などと言える感性を有していた。牧師の言葉を掲げながら、牧師が行っていた再軍備反対のようなものは一切知らないか、無視していた。つまるところ彼らは、我々ばかりか、人類の歴史的な、現在も続く戦いをいつまでも嘲笑していた。




スポンサーサイト

流出文書:ある通信傍受記録より(某先進国官房・二級機密扱)

お電話変わりました、私が担当の××です。はい。当紙の、題字の脇に添えてある写真とメッセージを見て下さったと。はい。「彼とともにあり」という、あれに対するご意見ということですね。はい。△△国からの留学生? そうですか、それは大変ですね。自由と国際社会の正義を謳う当紙といたしましては先日から、あなたのお生まれになったお国の人権状況に対するキャンペーンを行っておりまして、このたびはかの国際大賞を受けられた○○氏に対する連帯の意を……え? はあ、はあ。それが問題なんだと。


大変恐縮ですが、あなたはあなたのお国の当局のおかげで、彼のことをまったく知らないか、悪印象ばかり吹き込まれているんじゃありませんか? え? 見たことがある? よく知っている? お父様が友達? それはすごい! ぜひ当社から取材を……あ、申し訳ありません。友達「だった」のですね。しかしそれは、またどうして?


……なるほど。お父様は、20年前と彼が変わってしまったと考えておられる。当局によって投獄された先で、深い交友を結んだのに。確か「水魚の交わり」というんですよね、そちらの古典の言葉では。当然知っていますよ。私たちはあなた方の古典文化については深く尊敬しておりますから……はい。○○氏の「マニフェスト」については、当然読みましたよ。大変素晴らしい内容を含んでいましたが、あえて一言で申しますなら「経済の自由化」には「人権」による支配を通じた「民主化」が付随しなければならない、という趣旨でしたね。それよりもですね……はい。自分や父は自国政府のあり方に十分に満足しているわけではなく、むしろその反対である。○○氏だけが、反政府人脈の中でも特別にひとり拘禁されていることにも政府の不公正を感じるし、そう思っている人間は自分たちだけではない。なんだ、よくおわかりではないですか……え? それだからこそ、彼が最近仲間と発表した「マニフェスト」そのものの、歴史認識や分析の混乱が問題。と申しますと?


……はあ。つまりお父様もあなたも、○○氏が語る「政治の民主化」の意味内容の変化が問題だと思ってらっしゃるのですね。20年前、確かに○○氏はあなたのお父様とともに、公正な法と権力の運用、各種権利の保障、福祉の充実を訴えた。しかし現在、彼が世に広めている「マニフェスト」には、「自由」や「人権」や「民主主義」を保障するという唯一の「オルタナティヴ」には「資本主義」の導入しかあり得ないという、誤った論理が含まれるようになっているのに、それを誰も批判しない、と……しかし目標が同じでも「路線の違い」は生まれるものではないですか? はあ。そういうことじゃない?


……それでは、お父様は○○氏にロシアの状況について何度も指摘したけれど、それが理解されないばかりか、さらに能天気に「民主化」を夢見るようになったので、彼とその取り巻きに愛想を尽かしたのだ、と。あなたのお父様も釈放後にあなたたちご家族と一時ロシアに滞在なされたのだったら、「民主化」がいかにありがたいものか、その眼で見てお分かりでしょうに……はあ。はあ。何らかの「自由化」は見てとれたが、それは「民主化」ではなかった? はあ。旧来の権威的執政者が、マフィア的な富豪および人種主義者の下僕、ないしはそのものへと「自由に」変化しただけであり、「民主化」がこのような変化を指すものならばとても採用しかねる? 厳しいですね。しかしですね、「民主主義」への道は険しいものであるし、そもそも成金やマフィアといった多様な存在が出てきてこそ「民主主義」というものではありませんか。え? だったら政治警察や権威的指導者も「多様な存在」として存在しうるだろう? いやそれは……自分は学校の内外で差別も受けた? それは「民主化」以前からの悪しき伝統か国民性のせいですよ。我々の国ではあり得ません!


……あなた方は、「マニフェスト」の表現のいくつかに引っ掛かっておられるようですね。たとえば、建国以来発生したあなたの国の失政は「人権災害」などと表現されていますが、それは現状において右往左往を続ける労働者や農民に対し、自身の立場を理解させ自律を与えるためにはなされていない。このような言葉づかいは単に、国民の力量を引き出すのではなく、外国の指導層の関心を引きつけることでしか自国を変化させられないとする発想の露呈であると同時に、警戒心に身を固める当局を無用に挑発する下策でもある、と。しかし、それが書き手の卑屈な「奴隷根性」の表れであるというのは、当局の推進する愛国主義的観点に拠ったものでは……はあ。はあ。根本的な歴史の問題? 西欧で「自由主義」なり「人権」の思想が発達した19世紀、我が国や西欧の外の小国を食い物にして成長していたのはどこだったかですって? いや、それは一般的な植民地主義には当てはまりますが、他国ならともかく、我が国の植民地主義に限っては当てはまりませんよ! 我が国のそれはどこよりも寛大で慈悲深かったのですよ! そもそもあなたのお国だって、少数民族に対する処遇はどうです! ……そりゃ我が国では、国民の名のもとに各民族が平等に扱われますから、彼らの活動が過激になれば当然、憲兵など治安機構は平等に出動しますよ。とにかくですね、20年前と比べて現在の○○氏の運動が、国民とのつながりを失い空虚になりつつあるとは思えません。仮に彼が間違っているとしても、我々が彼を支援する方法や、そのこと自体が間違っているということはあり得ないのです。


……しかし今回の国際大賞はですね、あなたのお父上のような、○○氏ほどは華々しくはなくとも目立たない活動をしている「人権活動家」に対しても励みに……「人権活動家」ではない? 自分たちは自国の現実の現実的解決を目指しているだけ、ですか。ご謙遜でしょう。ほうほう。ほう。ハハハ、なかなか面白いことをおっしゃる。確かにあの国際大賞は以前にも、まだ何ら実績を残していない新任の政治指導者にご祝儀として与えられたことがありますから、○○氏でなくあなたの国の指導者に、励みないしは警告になるよう贈られてもよかったかもしれません……はい。そもそもなぜ「平和賞」なのかがわからない? 百歩譲っても、彼には「人権賞」が与えられるべきであった、ですか。そう言えば、確かに彼は「平和活動家」ではなく「人権活動家」として有名ですからね。自分の国だけじゃない、中東諸国などにも「人権」の浸透することを彼は願っていると思いますよ。え? どうやって、ですか? 「平和賞」を与える人は、「人権」を持ち出す人々が、さらなる戦争を外部にもたらすことがあるのを知っているのかですって? いえいえ、それは議論の筋が……いや、そもそも我々が賞を与えたわけではないじゃないですか、我々はそれを寿いだだけです。「戦争は平和である」というフレーズを再現するのか? すみません、それもお国の古典に載っている言葉なのでしょうが、存じ上げません。なかなか含蓄があるとは思いますが。


……はい、確かにあなたのお住まいの☆☆市の市庁舎には、大きい垂れ幕が掲げられていますね。「彼のことを考えよう」でしたかね。あの市長も最近、ようやく国際的な「人権」問題の重大さが少しは理解できるようになったようで。昔の彼はひどかった。20年前には、あの歴史的なファシストの大立者について「最も尊敬しているただ一人」と公言していたんですよ。ようやく最近「最も尊敬している人物のうちの一人」と改め、やっと「中道右派」と呼んでよい範疇になってきたことに、我々もほっとしている次第で。え? 外部からだと、あの垂れ幕と我々のやっていることの見わけがつかない? そんな。当紙の書き方を、正直あんな三下のやることといっしょにしないでいただきたいですね。そりゃ、バカ右翼に踊らされている大衆はそうですけど、我々の読者は、彼らとわれらの抗議キャンペーンの「見分け」はきちんとついているのです。確かに外に現れる姿において重なるように見えるところはあるかもしれない、しかし心持ちは違う。それが何故わかってもらえないのですか!? 


……それはわが国だけではないじゃないですか。我々先進国の事情もご存じでしょう。サルコジ、ベルルスコーニ、メルケル、どこもまあ、そういった連中が君臨しているのです……あなた、クズと言ってはいけませんよ。人間のクズって、そういった過激な発言は必ず虐殺を生むものですからね! そうですね、バカならいいでしょう。確かにあの指導者たちはみんなバカです。しかしですね、そういうバカはいつでも支持されるものなんですよ。いいえ、我々の報道姿勢は、そうしたバカに反対することで、成熟した国民には一定の支持を得ているわけでして。ただほとんどの国民は、嘆かわしくもバカなんです。本当にバカばかりで嫌になる。え? いいえ、それは我々のせいではない。我々の仕事は、国民を気長に教育啓蒙することにはないですから。


……ですから、第一野党がヘボで無力なのは認めます。はあ。「リベラル」でも「中道左派」でも何でもいいが、どいつもこいつも、自国の大衆に不公正極まる政策を山ほど押し付ける腐敗権力一つ粉砕しないものが「野党」なのか? 自分の国の政策一つ是正できない連中が、他人の国の改革にやたら熱心なのは何故なのか? 私に言われましても……まあでも、とりあえず自己慰安じゃないことだけは確かだと思いますよ。……これは私的な意見ですけど、そんなものでも存在価値はあると思うのです。一つの「支配責任」を果たす公的政党の存在に、もう一つの補完政党を添えるだけで、その国家は「民主主義」のブランドを得ることが出来るのです。一つが二つにふえただけで。それでいいじゃないですか。コストは安いものです。むしろ私は、なぜあなた方がそうしないのか不思議なんだ。何故我々のルールが最善なのか、そしてそのルールを破ると何故罰が下るのか、そのことを世界中に分かってもらえればこれほどいいことはないのに――さて、そろそろ仕事に戻らなくては。


……は? 「民主主義」はブランドじゃないし、「人権」は内政干渉の道具でもない? それがイデオロギーだと言うんですよ。まだ何か言いたいんですか? ええ? 自分の国に「人権」を行きわたらせるよりも、こちらや他の小国の体制を転覆させるほうが簡単だからそうしているのか? いい加減に……ああ、それは事実ですね。あなたたちも早く、我が国の与党と野党と議会外勢力がこぞって送り出す軍隊によって「人権」を空から振りまかれるのがいいんじゃないですか。ともあれ、ご意見まことにありがとうございました。