アドレスに関する布告

当「博愛手帖」を書き出してから、いつの間にか一年以上が経過していることに気づいた。文章量も多少はたまってきたが、当初は一ヶ月もたたずに自分で飽きて閉鎖すると思っていたせいもあり、「手帖」を何らかの偶然で目にした稀なる諸君、または一生目にしない普通の諸君に対しての一種の義務を忘れていた。つまり、わたしがここに提示した文章に対する、レスポンスを最低限受けつけるためのアドレスである。


事実誤認の訂正要求、情報提供、単なる感想などある方は、Authorのところにある文字を拾い、あっとまーく・ほっとめーる・しーおー・じぇいぴーをつけてメール送信をすると届くであろう。頂いたデータは「手帖」の内容にそれなりに反映させるつもりである。ただし、直接の返事はあまり期待されないほうがよい。当方はそもそもメールをあまり見ないし、一ヶ月に一本のペースでこの程度のものを書くのが精々であるし、不特定多数との「対話」の時間と根気をもち合わせていない(ブログの「コメント欄」やら「ツィッター」やらに逐一対応する人というのは、わたしには神的存在にすら見える)。基本的には自分自身の娯楽として書いているが、どこからか岸辺に流れてくるヤシの実を拾うように各々が文章を読んで、楽しさで地を叩くほど大笑するなり悔しさで血を吐くほど悶絶するなりしてくれるのであれば、当方はそれにもひそかにほくそ笑むということである。





スポンサーサイト