引用(32)

鱶がもし人間だったら、と家主夫人の小さな娘が、コイナさんに聞いた。鱶は小さな魚たちにもっと親切にするでしょうか。「きっとね」と、かれはいった。「鱶がもし人間だったら、海の中に、小魚たちのため、大きな箱をいくつも作らせるでしょうね。そして、それらの中には海草だとか微生物だとか、いろんな食物をいれておくでしょう。鱶は、それらの箱に、いつも新鮮な海水が満ちているように、気をくばるでしょう。つまりその、いろんな衛生上の処置を講ずることでしょう。たとえば、一匹の小魚がヒレを傷つけたりすると、さっそく、包帯がまかれることでしょう。その小魚があんまり早く死んで、鱶の眼前から消えてしまったり、しないようにするためですよ。また、小魚が陰気にならないようにと、ときどき盛大な水中祭がもよおされることでしょう。陽気な小魚のほうが、陰気な小魚よりおいしいからなのです。もちろん、箱のなかには学校もあるでしょう。これらの学校で、小魚たちは、鱶のあんぐり開いた口のなかを、どう泳ぐか、ということをおそわるでしょう。小魚たちには、たとえば、どこかにねそべっているものぐさな大鱶を発見できるようにと、地理学の知識も必要でしょう。もちろん、いちばん大切なことは、小魚たちの道徳教育でしょう。小魚がよろこびいさんで自分を犠牲にする、これが最も偉大で最も立派なことであると、教えられるでしょう。また、わけても、鱶たちが美しい未来を世話してあげよう、といったら、鱶たちのいうことを信じなくてはならぬと、教えこまれることでしょう。この未来は、小魚たちが従順ということを習得するとき、はじめて保証されるのだ、と小魚たちは教えこまれることでしょう。低級で唯物的で利己的でマルクス主義的な傾向を、小魚たちは警戒しなければならず、もし一匹でも、そういう傾向を示し始めるものがあったら、さっそく、鱶たちに届け出なくてはならないでしょう。鱶がもし人間だったら、もちろん、外国の箱や外国の小魚を奪いとるため、たがいに戦争をするでしょう。戦争を、かれらは自分らの小魚たちにやらせるでしょう。かれらは小魚たちに、かれらと他の小魚どもとのあいだには大なる相違があると、教えるでしょう。鱶たちは宣言するでしょう――小魚というものは周知のように無言であるけれども、しかし、それはそれぞれ系統のちがった言語で黙っているのであって、したがって、互いに理解しあうことは不可能である、と。戦争において、敵の小魚を、というのはつまり、べつの言語で黙っている小魚を殺した小魚の、その一匹一匹にたいし、かれらはコンブ勲章をくっつけてやり、英雄の称号をさずけるでしょう。鱶がもし人間だったら、もちろん、鱶の芸術があるでしょう。かずかずの美しい絵画は、鱶のぎざぎざ歯を見事な色彩で表現するでしょう。また、鱶のあんぐりとあいた口はきれいな公園であって、小魚たちはそこをきらびやかに歩きまわることができるように、描かれることでしょう。海底劇場は勇敢なる英雄小魚が有頂天になって鱶の大口のなかへ泳いで入る場面を上演するでしょう。音楽はとても美しくて、その楽の音につれて、小魚たちは、子守唄でもきいているように、うっとりと楽しい思想のなかに眠り込み、夢見心地で、楽隊を先頭に、鱶の大口のなかへ、流れこんでいくでしょう。鱶がもし人間だったら、宗教もまたあるでしょう。かれらは教えるでしょう、小魚たちは鱶の胃袋のなかではじめて本当の生活を味わうだろう、と。それはそうと、鱶がもし人間だったら、すべての小魚たちは、現在あるごとく平等であることは、もうなくなるでしょう。ある小魚は官途につき、他の小魚たちの上位におかれるでしょう。わりかし大きいものは、小さいのを食べてもよい、ということになるでしょう。これによって、ますます、鱶たちは大きな肉切れにありつくことが多くなるので、かれらにはいっそう都合がいいのです。役目にありついた、わりかし大きい小魚たちは、小魚たちの秩序維持のためにつとめ、箱の機構のなかの教師、士官、技師などになるでしょう。つまりですね、鱶がもし人間だったら、はじめて海の中に、一つの文化ができあがることでしょう」


ブレヒト『コイナさん談義』
(長谷川四郎訳)


スポンサーサイト