引用(6)

きたないあひるの子は、きたないあいだはひとりぼっちだったので、きれいな白鳥になってみんなにうらやましがられても、やっぱり、ひとりぼっちだったので、白鳥にはならずに、きたないままでもあひるのおとなになったら、やっぱりどっかにきたないあひるがいて、ひとりぼっちにならずにすんだので、白鳥になったのはまちがいです。



山下清『ヨーロッパぶらりぶらり』




スポンサーサイト