引用(7)

勝てば官軍なのではない。勝っても賊は賊である。正義の破壊者、人道の敵は、勝っても、何百年繁栄をつづけても、賊であり、敵である。歴史の審判とは、そういうことを言う。


弓削達『歴史家と歴史学』




スポンサーサイト