スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

没後20周年

ところで、梶村秀樹の著作集(全6巻+別巻、明石書店)を一月ほど前から少しずつ読み進めている。これまでわたしはこの人物を、朝鮮の独立運動家・金九の自伝『白凡逸志』の訳者としてしか認識していなかったが、彼自身の歴史著述もまた非常に啓発的なものである事を知り、自分の不明を恥じずにはいられない。未読ならば諸君も、図書館で彼の著作をぜひ手に取られたい(注1)。今年は、性科学の先駆者であるとともに反治安維持法の闘士であった山本宣治の暗殺80周年にあたり、彼を顕彰する本もいくつか出版されているようだが、梶村の病没20周年もまた想起されてしかるべきであろう。韓国でかつての民主化運動の担い手の一人が自殺し、朝鮮が「国際社会(日本含む)」に十重二十重に包囲され、在日朝鮮人に対してはさらなる排外立法が練られている、今日の状況下においてはことに。


完全に読み終わったのは著作集の2巻と4巻であるが、1910年以後の独立運動に関する論文には特に興味をひかれる。民族主義運動と共産主義運動の実に複雑な絡み合いや、日本官憲の猛烈な弾圧といった困難な条件下で、活動した様々なタイプの闘士(金九、金元鳳、張志楽、申采浩、金日成など)や、抵抗運動・運動体(三・一運動、義烈団、新幹会、甲山火田民、パルチザンなど)の姿が、個々にヴィヴィッドなものとして見えてくる。無論、資料の発掘は時とともに進んでいるだろうし、より細かい「実証」という点においては、現在の細分化した朝鮮史の専門家から見れば問題点もあるだろう。しかし梶村自身の言葉を借りて言えば、彼の「描き出す歴史像が『意味としての歴史』の領域で共通性を獲得しえている」のであり、「安易に『今の方が水準が高い』といえるものではない」ように思われる(注2)。これと関する事として、もう一つ梶村に感じたのは、他者を描くまたは理解する前提として、「我々」自身の過去と現在を極めて厳密に自己省察しようとする、一種の「モラルの感覚」である。歴史家に限らず、「我々」が他者に対する際の問題として、彼の姿勢は学びとられるべきではないか。


 「朝鮮人民の歴史のどこを考えても日本帝国主義の支配ということをぬきに真空の中にあったわけではない。特に日本帝国主義の性格が、朝鮮人の内面にまで入りこんでいくものとしてあっただけ、そのことをぬきにして、つまり民族的責任の観点ぬきに、日本人であるわれわれが単に客観主義的に歴史を語るわけにはいかないということが大前提です。〔中略〕
  いいかえれば、北が変るには、まず日本が変らねばならない。そういう主体的問題意識をぬきにした客観主義的批判はおよそ無意味だと思うのです」(注3)。





(注1):彼の書いた数々の古典的研究が、文庫などで全く復刊されないというのは何か象徴的である。


(注2):1984年の論文「歴史と文学」(著作集第2巻)。これも好論文。なお、引用内の括弧は二重カギ括弧に直した。


(注3):1971年の講演記録「朝鮮民族解放闘争史と国際共産主義運動」(著作集第4巻)。『排外主義克服のための朝鮮史』(青年アジア研究会編、1990年)も見よ。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。